実践で学ぶRuby on rails 〜仮説千本ノック〜

プログラマーとして独立するため日々スキルアップに励んでいます。優れたプログラマは仮説を立てるのがうまい。そこを目指して仮説を立てては検証する日々です!!

2020-01-07から1日間の記事一覧

errors.full_messagesメソッドの理解

インスタンス.errors.full_messagesメソッドは、 ビューファイル内で使用することで、インスタンスについて発生した全てのエラーメッセージを配列で取得。 つまり @group.errors.full_messagesによって、 インスタンス@groupについて発生したエラーメッセー…

エラーメッセージをカスタマイズする。

例えば、新規チャットグループを、グループ名が空のまま登録しようとした時、 nameを入力してください。 というエラーメッセージが表示されます。 エラーメッセージって、デフォルトでは英語表記になっています。 これを グループ名を入力して下さい。 とか…

エラーの多くは、不要なスペースにより発生する!!

■エラー %li = message ■OK %li= message 違いは、liの次は=を書けばいいのに、間に半角スペースを挟んでいる点。 もちろん、=とmessageの間の半角スペースはOKですよ。

エラー確認(binding.pry編)

アクションや、ビューファイル内に記述することで、 アクションやビューファイルの読み込みを途中で止めて、 変数に格納されている中身を確認できるbinding.pry 何にでも使えるわけではなく、 ruby,rails用のエラー確認ツールとなっています。 とはいえ、htm…

フラッシュメッセージの使い方と実装方法

よく見かける、ログイン時、ログアウト時等のタイミングで、 画面上部に 「ログインしました」 「ログアウトしました」 など、ある動作が行われたことを一回限り知らせてくれるメッセージ、それがフラッシュ、一回限り、メッセージと呼びます。 実装にあたり…